「元利均等返済」と「元金均等返済」

住宅ローンの返済方法には、二種類あります。

「元利均等返済」・・・毎月の返済額が一定

「元金均等返済」・・・元金の返済額が一定





「元利均等返済」は、

毎月の返済額となる元金と利息の合計が、
返済開始から決められた期間の満期と
なるまで均等になる方式です。

最初のうちは返済額の利息の割合が高いため、
元金の減りが遅くなってしまいます。
また、利息の支払い総額(=返済総額)も
元金均等返済に比べると高くなります。



「元金均等返済」は、
元金を均等割した額に利息を加えた合計が
毎月の返済額になるという方式です。
なので返済額が一定ではなく最初は高く、
少しずつ安くなっていくという方式です。



 一般的に流通している住宅ローンの大半は
「元利均等返済」だと思います。



ちなみに「元金均等返済」を選択する際には、
注意しておかなければならないことがあります。


「元金均等返済」の場合、
変動金利を選んで金利が上がった場合の、
「5年間は返済額が上がらない」という
 保護措置は適用されなくなります。


また「激変緩和措置」
(それまで支払っていた金額の
1.25倍までしか上がらない)
も適用されなくなります。


つまり、金利の上昇に比例して
返済額がすぐさま増えていくことに
なってしまいます。


これらを理解した上で、
住宅ローンの返済方式を
決める必要があります。