変動金利が上がった場合

変動金利の住宅ローンで、
金利が上がった場合でも、
実は5年間は「返済額」は変わりません。


変わるのは、返済額に占める
元金と利息の内訳です。


例えば、

月々の返済金額が80,000円で、その内訳は、
元金60,000円、利息20,000円だと仮定すると、

金利の上昇によって内訳が変わり、

元金が50,000円、利息が30,000円に
なるというイメージです。


つまり、金利が上がると元金の減りが遅くなるので、
5年後住宅ローンの返済額を見直すタイミングにおいて、
返済額が大きくアップしてしまうことになります。


激変緩和措置として5年後の見直しの時には、
今まで支払っていた金額の 1.25倍までしか
上がらないようにされてはいますが・・・。


月々80,000円の返済額が100,000円になるのは
家計にとってはかなり苦しいと思います。


なので、もし「変動金利」を選ばれるなら、
こういったリスクもしっかりと把握した上で
選ぶ必要があります。